読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTE KUSHIRO

北海道くしろ地方のローカルメディア「フィールドノート」のブログ

フリーペーパー第2号のご案内

いつもフィールドノートのブログをみていただき有難うございます。

 

ここ最近、ブログの更新も静かなフィールドノートでしたがフリーペーパー第2号の入稿作業に追われていました。

 

諸事情により遅れて4月15日の発行とお話ししておりましたが、もう少しお時間を頂くことになりそうです。21日までには掲載店を中心に公共施設、観光施設、交通機関等で順々に配付できるかと思います。その都度こちらのブログでもご紹介させていただきます。


楽しみにしている読者の方をはじめ、広告主の皆さまには度重なるご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解頂きますようよろしくお願いいたします。

 

本当にまだまだ至らない点ばかりでご迷惑おかけいたしますが、読んでいただくに値するフリーペーパーを作成していきますので、今後とも見守っていただけると幸いです。

 

そんな中、第2号の中身を少しだけご紹介できたらなと思います。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160413063905j:plain

今回は青色の表紙が目印です。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160413070209j:plain

あの1シーンも、シリーズ化の予感。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160413070703j:plain

お店の紹介もあたらしいお店が増えております。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160413071029j:plain

連載インタビューの「思いと言葉」では、卵、乳製品、白いお砂糖を使わずにつくる焼き菓子と、ネルドリップで淹れるコーヒーが美味の「糸」さんより、坂見夫妻のお話しを掲載。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160413072107j:plain

なつかし館「蔵」さんより、1974年の幣舞橋、ロータリー周辺の写真も提供していただきました。MOOの場所って以前は魚揚場だったんですね。

 

 

その他にも内容盛りだくさんでお届けするFIELD NOTE第2号。

 

第1号同様、掲載しているお店や配付店でしか手に入らないフリーペーパーなので、実際にお店に足を運んで手にとっていただけると嬉しいです。

 

買いものを通じて「地域の企業やお店を応援する」ということ。

 

消費者はサポーターであり、ホームチームである地域のお店を応援することはお店だけではなく、地域で暮らす私たち自身の暮らしも豊かになっていくことにつながると思います。

 

偉そうなこと言ってますが、まずは早く発行できるよう頑張ります。涙

 

まだまだ不行き届きなところばかりでご迷惑おかけいたしますが、発行まで楽しみにお待ちいただけると幸いです。

 

 

フィールドノート

清水 たつや