読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTE KUSHIRO

北海道くしろ地方のローカルメディア「フィールドノート」のブログ

FIELD NOTE PARTY

先日、喫茶リリーさんにて開催いたしましたFIELD NOTE PARTY。

 

急な告知にも関わらずお越しいただいた皆さま、ご協力いただいた方々、本当にどうもありがとうございました。

 

気付けば4歳から75歳まで!笑

 

世代を越えた交流がうまれて、ゆっくりとした休日の時間を楽しんでいただきました。

 

 

その様子をちらっとご紹介。

f:id:fieldnotekushiro:20160323084126j:plain

場所はこちらの喫茶店リリーさん。北大通の赤いテントと看板が目印です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323084127j:plain

リリーさんでは毎月、うたごえ喫茶やタンゴの会などの催物の開催をしております。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082715j:plain

準備段階から常連のお客さまもいらっしゃって、DJの機材などの話しやKBYKさんのお菓子を買い求める方も。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082746j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160323084132j:plain

今回の会場の音楽を担当するのはepp DJ’s。アナログレコードの温かみあるサウンドを中心に場内を彩っていきます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082812j:plain

また、リリーさんのコーヒーのおともに先月閉店したばかりのルイーダの酒場のKBYKこと、コバユカさんにお菓子をつくっていただきました。

 

ちょうどいい大きさでふわふわのマフィンとコーヒーによくあうクッキー、とてもおいしかったです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160324020626j:plain

お店屋さん気分で邪魔をする子どもの図。笑

 

準備も整い、レコードに針を落として開始です。

f:id:fieldnotekushiro:20160323082915j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160323082833j:plain

リリーさんの通常営業に寄り添うようなかたちで、はじめさせていただきました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082855j:plain

腹ごしらえをするDJのカゼッタさん。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082935j:plain

リリーさんのトーストもおすすめです。

中はふかふかで外はカリカリのパンに、マーマレードをお好みで。

ゆで卵のゆで具合も最高です。笑

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323083118j:plain

1人また1人と深いソファに腰をかけて話しに花がさきます。レコードのやわらかいサウンドでますます居心地いい状態に。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323083027j:plain

中盤には川原さんのトークもはじまり、フリーペーパーの中で話していた食べ物のことや5年が経過した福島第一原発のこと、これからの暮らし方、気をつけたいことなど話していただきました。

暗くなりがちな話題も前向きに伝える姿勢には、とても勇気付けられました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323083047j:plain

中でも、今後の災害時にはどうしたらいいのか?といった話しの展開で、ご来店いただいてた災害ボランティア30年以上の経歴を持つ、やんじーこと山口幸雄さんにもマイクを握ってもらいました。
 
東日本大震災では主に南三陸町を中心に活動し、一度に100人分炊けるレスキューキッチンを使った活動などで知られる災害救援ネットワーク北海道の代表でもあるお方。
 
貴重なお話しをありがとうございました。
 

トーク終了後の店内はよりにぎやかに。

f:id:fieldnotekushiro:20160323083146j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160323082612j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160323082524j:plain

 

こうした世代を越えた交流につながるイベントを今後も企画していきますので、お時間合うときは是非気軽にご参加ください!

  

ご来店、ご協力いただいた皆さま、そして喫茶リリーのママこと工藤さん。

どうもありがとうございました!

 

f:id:fieldnotekushiro:20160323082637j:plain