FIELD NOTE KUSHIRO

北海道くしろ地方のローカルメディア「フィールドノート」のブログ

Old is new

今日は、昨日豊文堂さんで購入したコチラをご紹介しようかなと。
 

f:id:fieldnotekushiro:20160105213327j:image

昭和55年に釧路信用金庫さんが発行した、絵はがきセット「ふるさと」です。

f:id:fieldnotekushiro:20160105213344j:image
今時、絵はがきかよ!なんて声も聞こえてきそうですが…笑
 
ちょうど個人的に旬だったと言うか。
 
まずはコチラから…笑
 
鳥瞰図の制作で知られる吉田 初三郎さんの幣舞橋と月明かりの釧路の日本画
f:id:fieldnotekushiro:20160105213412j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213441j:image
ちょうど先日、図書館でコチラをみてたばっかりで。 
北海道の鳥瞰図

北海道の鳥瞰図

 

 今だとサクサクっと、Googleで地図をチェックできますが。笑

当時、俯瞰的に住んでいる土地を知るということ。

かなりの想像力と技術が必要じゃないかなと思ったりして、単純にスゴいなーと思って借りてみていたんですが。

絵はがきで手に入れることができて、ただただ嬉しいなと。笑

 

そして吉田初三郎さんに続き、どどーんといきます。

f:id:fieldnotekushiro:20160105213702j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213730j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213757j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213832j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213546j:image
f:id:fieldnotekushiro:20160105213933j:image
なんか胸にぐっときませんか?笑
 
版画家の阿部貞夫さんの作品、すごく好きなんです。
釧路を題材にしてるのはもちろんなんですが、厳しさとあたたかさを感じるというか。
 
このタッグを絵はがきにするという企画をした釧路信金さん素晴らしい。
そして30年も前のものなのに状態がとても良いという。
ほんと嬉しい一品でした。
 
 
そして、もうひとつご紹介。
f:id:fieldnotekushiro:20160105214017j:image
1994年に発行された独断北海道情報紙「むい」
こちらもやっぱり状態が良いです。
 
道内各地を発行人自らが地に足をつけて立ち寄ったであろう、民宿や喫茶店に無料の露天風呂情報などなど。
また、一歩も二歩も踏み込まないとチェックできないような穴場の情報がギュッと詰まった自然志向な情報紙。
 
発行人の名をみると、ん?と思う方も多いはず。
f:id:fieldnotekushiro:20160105214055j:image
フィールドノートも現在遅れに遅れてフリーペーパーを制作中ですが(ご迷惑おかけしてすみません…)
全然足元にも及ばないなぁと思いながらも、自分も地に足をつけて地域に根付く思いや情報を発信していきたいなと。
あらためてそう思いました。
 
また豊文堂いこ。