読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTE KUSHIRO

北海道くしろ地方のローカルメディア「フィールドノート」のブログ

フリーペーパー第3号発行のご案内

ごあんない

フィールドノートのブログをみていただき、いつも有難うございます。

 

平成28年7月1日より釧路市の不動産会社、ユタカグループの事業として加わりましたフィールドノートですが、「FIELD NOTE03」の制作に追われてブログもSNSもご無沙汰しておりました。

 

ほんとに今回は少々やりすぎました…っていうくらいエネルギーを注いだ力作になっております、ほんとに。

 

そして本日、お待たせしておりました第3号が無事、発刊となりました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160831173726j:plain

 

f:id:fieldnotekushiro:20160831173731j:plain

 

無量寿

 

本日はユタカコーポレーション内の配付のみとなっておりますが、明日9月1日より各配付先へお届けさせていただくことになります。

 

お届けするまでにお時間いただくお店もございますが、ご理解いただけると幸いです。

 

まだまだ至らない点ばかりですがFIELD NOTEをつくることによって、皆さまがこのマチにしかないお店を利用してホームである「くしろ地方」を応援していただけたら嬉しく思います。

 

また3号目からは地元企業の大きな支えもいただき、今後はより一層そんなお手伝いができるように日々精進していきたいと思います。

 

 

ユタカグループ デザイン室

フィールドノート事業

清水 たつや

骨董・和雑貨 温古知新

このマチにしかないお店の紹介 弟子屈町 GOODS

弟子屈町の川湯駅前にある骨董・和雑貨を取り扱うお店、温古知新さん。

 

何気なくふらっと立ち寄ってみた店内は、古いものが好物の発行人にはたまらない空間でした。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091729j:plain

 

店内はこんな感じ。

f:id:fieldnotekushiro:20160708091647j:plain

 

靴を脱いで入る感じが、お店や古いものに敬意を払うというか、リラックスして店内を楽しめるというか、実にいい感じです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091658j:plain

 

今では見られなくなったきれいなタイルが並んだ薪ストーブの置き台や、40年前くらいのイカした工業製品などなど、温かみのあるセレクトで店内が賑わっております。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091708j:plain

 

ガラスの器やグラスひとつにしても、レトロなものから素敵なムダを感じるデザインなど、現代では表せない表情があるように思えます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091718j:plain

 

ひとつひとつの商品をたいせつに扱うことで、現代の生活にふだんづかいの骨董や和雑貨を提供している温古知新さん。

 

その時代その時代のいいものを、今に取り入れて楽しむ楽しみ方って、なんかいいと思います。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091741j:plain

 

発行人も、ちょうどほしかった晩酌用のグラスをいただきました。

 

重厚感のあるグラスでのむ1杯、いつもとちがう余韻に浸ります。

 

 

 

また、今月末の7/23(土)、24日(日)には骨董市が行われますよ。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708095740j:plain

 

いろんな地域からの出店もあり、面白そうですね。

ご予定あわせて是非。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160708091637j:plain

 


【ふだんづかいの骨董・和雑貨 温古知新】
弟子屈町川湯駅前2-6-12
015-483-3351
12:00-17:00(土曜・日曜)

https://www.facebook.com/%E6%B8%A9%E5%8F%A4%E7%9F%A5%E6%96%B0-%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%A1%E3%81%97%E3%82%93-555788531110281/

フィールドノートからのお知らせ

ごあんない

いつもフィールドノートのブログをみていただき有難うございます。


今日は皆さまに大切なお知らせがございます。


フィールドノートが発行しているフリーペーパー「FIELD NOTE」ですが、3号目の発行が7月末予定でしたが8月末へと延期となりました。


楽しみにされている読者の皆さまや掲載店や配付先の方々には、大変申し訳ございませんがご迷惑をお掛けいたします。


そして今後のフィールドノートについてですが、平成28年7月1日より釧路市の総合不動産会社のユタカグループの1つの事業として、加わることになりました。


「くしろ地方のローカルメディア」という媒体のコンセプトやフィールドノートの運営は従来通り変わらず私が担当していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。


継続したフリーペーパーの発行や事業の運営をしていくにあたり、地元企業の大きな支えをいただけたことは大変有難く、今後より一層、地域に根付いた活動が行えるように努めて参りたいと思います。


今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

平成28年6月23日

フィールドノート
清水 たつや

 

f:id:fieldnotekushiro:20160623192255j:image

スタジオ ケイズ 文苑店

このマチにしかないお店の紹介

釧路市芦野のスタジオケイズコラボワイズさんから独立して、3年目となるスタジオケイズ文苑店。

 

同じ名前ですが文苑店は、店主の佐藤さんが起業したお店になります。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191236j:plain

 

店内はこんな感じ。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191423j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160608191233j:plain

 

完全予約制で1ヶ月待ちがほとんどの文苑店の店主は、ヘアケアマイスター協会認定の美容師さんで、毛髪科学などヘアケアの知識が豊富です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191157j:plain

 

毛髪診断や、それに対する処置・アドバイスもしてくれるので安心してサービスを受けられますよ。

 

そして、なんといっても店主が男前です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191358j:plain

 

男女問わず繰り返し来店する方も多く、店主のやさしい対応が好印象なのです。

 

その仕事ぶりをどうぞ。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191256j:plain

 Before

 

 

からの

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191306j:plain

After

 

 

なんということでしょう。

 

 

そのままでも素敵なモデルさんですが、さらにふんわりとした印象 + 大人な感じに。

 

 

 ご予約はお早めにどうぞ。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160608191149j:plain

 

【STUDIO K'S -スタジオ ケイズ- 文苑店】
釧路市文苑4-17-7
0154-64-5601
10:00-19:00
定休日 / 月曜日
完全予約制

https://www.facebook.com/スタジオケイズ-文苑店-1738170343065629/?fref=ts

いてらく

このマチにしかないお店の紹介

2015年12月にオープンしたカラフルなセレクトショップカフェバー、いてらくさん。

 

場所は釧路市栄町のJAZZ喫茶ジスイズさんがあったところ。

 

こうした老舗だったお店が新しい店舗としてまた利用できることって、とても素敵なことだなと思います。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191258j:plain

 

店内はこんな感じ。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160528090817j:plain

 

f:id:fieldnotekushiro:20160528090849j:plain

とにかく、カラフル。

 

いてらくさんならではの世界観が広がる店内は、どこかワクワクさせてもらえる非日常な感じを楽しめます。

 

セレクトショップカフェバーということで、メニューも色々。

f:id:fieldnotekushiro:20160517191102j:plain

こちらはカレーリゾット。炒めたタマネギの甘さ、お米の食感がカレーによく合います。お酒もすすみそう。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160528090913j:plain

チャイもスパイスがいい感じに効いています。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191043j:plain

牛スジのトマト味噌煮込み。日本酒も取り扱っているので、お酒によく合うおつまみメニューも色々です。昼から飲みたくなってしまいます。

 

他にもコーヒーやパフェといったカフェメニューから軽食まで、豊富なメニューで昼でも夜でも楽しめます。

 

そして奥はセレクトショップに。

f:id:fieldnotekushiro:20160528090947j:plain

衣服や布に雑貨がたくさん。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191020j:plain

カンボジアやアフリカから取り寄せた生地などもカラフルなものばかり。気に入ったものが見つかりそうです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191135j:plain

アート作品のような小物入れ。カードケースやお財布にも。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191159j:plainバナナの葉でつくったボールペンもめんこいです。

 

取り扱う服や雑貨はハンドメイドのものが中心で、店主の個性が光るセレクトです。

 

中でもカンボジアやアフリカ・ケニアから取り寄せた輸入雑貨の売上の一部は、
貧しい現地の人たちに寄付されるという、カワイイ+人の役に立つアイテムを揃えています。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160517191217j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160517191239j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160528090826j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160528090917j:plain

どれも1点ものなので、作り方も味わいがあり愛着がわくアイテムがたくさんです。

 

店主からのご案内。

f:id:fieldnotekushiro:20160528100350p:plain

色々な楽しみ方ができる、このマチにしかないセレクトショップカフェバーのいてらくさん。店主とのお話しも面白いのでコーヒーでもお酒でも、ゆっくりと楽しんでいただきたいお店です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160528092518j:plain

 

【いてらく】

釧路市栄町8-1 1F左

14:00-24:00

090-5075-0584

定休日 火曜 他

P2台

soul_love_sound@air.ocn.ne.jp

http://iteraku.jimdo.com/

 

民芸喫茶ポロンノ

このマチにしかないお店の紹介

民芸喫茶ポロンノさんは、釧路市阿寒町阿寒湖温泉内のアイヌコタンにあるアイヌ料理が食べられるお店です。

 f:id:fieldnotekushiro:20160513104348j:plain

 

 40年ほど前の開店当初は民芸品を主としたお店で「チキサニ(ハルニレの木)」というお土産屋さんだったそうで、徐々にアイヌ料理が食べられるお店として旅人の間で広がって今に至るそうです。

 

店内はこんな感じ。

f:id:fieldnotekushiro:20160511080513j:plain

 

お店そのものがアートギャラリーのよう。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080536j:plain

 

入ってすぐに木彫りなどの民芸品が並んでお出迎え。

気になるものばかりです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080604j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160511080628j:plain

 

照明やテーブル、イスなどもぬくもりが感じられるものばかりで、ほっこり温まる落ち着く空間。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080651j:plain

 

奥へ進むとカウンター席もあり、店主とのお話しも楽しめます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080757j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160511080712j:plain

 

いろんな国の楽器とか、いろんなふくろうとか。

どこを見ても気になるものばかりで、まるで異国に来たかのような感じになります。

むしろ今の文明の暮らしの方が異国なのかも知れない…なんて思うくらい懐かしいような、新しいような感覚を楽しめます。

 

それではリアル北海道の郷土料理をいただきます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080820j:plain

 こちらはポッチェイモ。

 

冬季間、外で眠らせて自然発酵させたジャガイモを使っている、ポロンノさんオススメの一品。やさしい味わいで噛めば噛むほどおいしさが増します。

 

伝統的な保存食でもあり、フリーズドライの原型にもなるそうです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080435j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20160511080841j:plain

 

こちらはシケレベ茶。

キハダの実のお茶で胃もたれや胃痛、喉の痛みにも効く野生のハーブティーです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20160511080414j:plain

そして人気メニューのユックセットがこちら。

 

ユック(鹿肉)の汁物と豆や山菜を一緒にした炊き込みごはん、それと鮭の背わたの塩辛がセットになっています。

 

料理で使われる山菜やキノコなどはポロンノさん一家が現地で採集したもので、この地域の恵をアイヌ料理を通じて提供してくれます。

 

その土地の山の幸、海の幸を余すことなく感謝していただくアイヌ料理

 

また厳しい冬を越えるための保存食やその効能など、調べてみるとあらためて素敵だなと思えるアイヌ文化。

 

その文化に触れてみるならポロンノさんに行ってみると、素敵な楽しみ方ができると思います。

f:id:fieldnotekushiro:20160511080451j:plain

 

【民芸喫茶ポロンノ】
阿寒湖温泉4-7-8
0154-67-2159
11:00-22:00(5月-10月夏季営業、15:00-18:00休憩・仕込みあり)
12:00-20:30(11月-4月冬季営業、冬季は予約をお願い致します)
不定休
http://www.poronno.com/