読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTE KUSHIRO

北海道くしろ地方のローカルメディア「フィールドノート」のブログ

FIELD WORKを終えて

フィールドワーク

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 

今回は先日開催いたしました初の試み「FIELD WORK スノーシューで冬遊び編」の様子をご紹介いたします。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170223205446j:plain


鶴居村の下幌呂で自然ガイドをされているR [アール]さんとの共同企画で、身近な自然に触れられる機会を提案できたらいいなぁと。

そんな思い付きからはじまった企画ですが、何よりも自分が楽しみたいというのが本音だったりします。笑

それでは、さっそく出発です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052255j:plain

 

釧路湿原展望台に集合したご一行。スノーシューは、R[アール]の氏原さんがご用意。なんでもスノーシューづくりをされていたご友人特製のスノーシューだとか。

軽くストレッチをして説明を受けてから、参加者の皆さんと一緒に冬の釧路湿原へ!

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052248j:plain

 

割と2月は雪が降って、ここ最近温かい日が続いたり、また冷え込んだり。

 

そんな状態だったので雪道の表面はちょっと固めでしたが、体重をかけるとブホッと沈むくらいの感触。

 

なんだか久々にブホッと感を体感したな~と、スタートからさっそくワクワクです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052422j:plain

 

参加者のペースに合わせて、所々ダジャレを交えながら休む時間を与えてくれる氏原さん。笑

 

アカゲラがつついた枯れ木について、色々な視点でお話しされます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052427j:plain

 

鳥は虫を、虫は枯れ木を、枯れ木はまた再生のための栄養となり、その上に種が落ちて、また木となる。

 

ゆっくりだけど確実に時間は流れて、自然は絶えず蠢いているのだなと。

 

妄想が止まらないのも、フィールドワークです。笑

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052419j:plain

 

空に伸びる枯れ木も、冬ならではの光景です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052411j:plain

 

また少し疲れたなーくらいの間隔で、氏原さんが問題を出してくれました。

「この少し窪んだ穴ぼこは、誰がつくったでしょう?」

 

え?クマ?それとも役場の人?

などなど答えも様々。笑

 

気になる答えは、人間でした。

 

この周辺の木を利用した、炭焼きをしていた場所だったんですね。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052415j:plain

 

たしかに所々に同じような穴ぼこが点々とあります。

 

湿原の中での人の営みについても考えさせられる場面でした。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052359j:plain

 

それから段々と傾斜も強めになり、ちょっとした山を登っていきます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052407j:plain

 

そしてズンズン、ズンズン、登ってみえてきた景色がこちら。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052352j:plain

 

ひゅー

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052338j:plain

 

さいこー

 

普段の色々がパーッと、散ってしまうというか。

 

ほんと何度みても不思議な光景というか、何度でも見たい釧路湿原です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052345j:plain

 

しかも運がいいことにオオワシオジロワシと良いタイミングで現れて、気持ちよさそうに飛び回る様子をゆっくり見ることができました。

 

ここでコーヒーブレイクとおやつタイムをはさみ、少し休んでから折り返していきます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052330j:plain

 

下りの最中でも色々と見つけてくれる氏原さん。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052323j:plain

 

これ、ウサギのウ〇コらしいです。笑

 

ずいぶんかわいいのしているなーと思いながらも、ウサギの行動パターンがここから分かったりするので貴重なフィールドのサインだったりするそうです。

 

そもそも湿原でウサギなんて見たこともなかったので、ウサギの存在を確認できてなんだか嬉しい気持ちになりました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052310j:plain

 

よーくみると色々なサインが冬のフィールドには残されています。

 

普段は気にもしないようなことかも知れませんが、ゆっくり時間をかけて自然と向き合っていると、最終的には自分そのものと向き合っているような、そんな気にさせてくれます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052303j:plain

 

最後まで湿原にまつわる話しやダジャレを交えながら楽しくご案内していただいた、R[アール]の氏原さんに感謝いたします。

今度は違った季節に違った遊びができたらいいなーと思ったりもします。

 

そして初の試みなのに一緒に楽しんでいただいた参加者のみなさん、どうも有難うございました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170221052259j:plain


フィールドノートのフィールドワーク。

次回はまだ決まっていませんが、子どもも一緒に参加できる何かも企画していきたいなぁと思ってたりもします。

読んでいただいたみなさんも、どうも有難うございました。

編集人 清水

FIELD NOTE PARTYを終えて

FIELD NOTE PARTY イベント

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 

1/22(日)の正午より、喫茶店リリーさんで開催いたしましたFIELD NOTE PARTY。

 

当日お越しいただいた皆様、日曜日の貴重なお時間を一緒に過ごしていただき本当に有難うございました。

 

さっそく当日の様子を写真でプレイバックしていきたいと思います。

 

3回目となる会場の喫茶店リリーさんは創業80年を超える、釧路でも老舗の喫茶店です。

 

 

地下へ降りると嬉しいご案内。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211034j:plain

 

今回は音響のトラブルがあり、オープン時にあたふたあたふた。。

それでもリリーさんやスタッフにも支えられなんとか進行することができました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210947j:plain

 

てきぱき仕事をこなす店主の工藤淑子さん。

いつもわがままを聞いていただき感謝しております。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210934j:plain

 

今回のゲストは釧路市富士見でカレー店を営む、イッケンヤカレーコミンさん。

限定20食でご提供いただいたストリングカレーは開始1時間で完売でございました。

今回食べられなかった方は是非、お店でリベンジをかましてください。

今回食べた方もお店でスペシャルなトッピングやヨルコミン限定のメニューなんかも一緒にどうぞ。

 

 

いつものeppDJ'sより、Ryotaroくんもプレイを楽しんでおりました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210951j:plain

 

また当日は数量限定でフィールドノートトートバッグを販売しておりました!

当日お手伝いしていただいたKBYKちゃん有難う!

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210942j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20170124211044j:plain

 

ロゴマークバージョンと、FIELD NOTEの水先案内人【FINO フィノ】さんバージョンの2パターンをご用意。

 

サイズも大き目なので買い物などザクザク使いまくりでございます。

 

地元のスーパー「雷さとう」さんとか、「あいちょう」さんでザクザク使っていただけるとこれまた幸いです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124202642j:plain

フリーペーパー4号目のパラパラマンガで登場した【FINO フィノ】さんもお見知りおきを。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211049j:plain

 

お客様も次第にわいわいと賑やかに。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211040j:plain

 

盛り上がってきたところで見どころの1つ、フリーペーパーのコンテンツでもある【このマチにしかないお店の紹介】のPARTYバージョンとして、コミン店主の鎗田さんを招いたトークライブのはじまりです。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210956j:plain

 

今回はコミンさんの仕入れ先のご紹介やいつも明るい鎗田さんの暗い過去(笑)などなど。

 

どんなお店でどんな人が営んでいるのか、そして何故くしろに移住してまでお店をはじめたのか?

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210952j:plain


その経緯などを聞いてみましたが、ご本人からは「釧路の人が好きだから」と。

身に沁みるお言葉をいただきました。有難うございます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211023j:plain

 

有難いと言いながらもトークライブ終了後、すぐにDJプレイをさせるという所業!

 

そんな無茶振りも快く引き受けてくれるその「フトコロの深さはアケボノ並み」な店主。

 

本当に有難うございました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211026j:plain

 

そしてもう1つの見どころとなる【Mahya マーヤ】さんの公開インタビュー&LIVEの時間が近づいてくると、会場はほぼ満席に!

 

さっそくLIVEからスタートです。

f:id:fieldnotekushiro:20170124211008j:plain

f:id:fieldnotekushiro:20170124211004j:plain

 

シャンソンの曲でも知られる「愛の賛歌」からはじまり、メジャー時代の名曲「Tremolo」、そして子どもへの愛に満ち溢れた楽曲「Cosmic Boy 」と素敵な歌声を会場内に届けていただきました。

編集人清水の別人格、The?loveもちょっとだけフィーチャリングさせていただきました。

 

LIVE終了後は公開インタビューへ突入です。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211000j:plain

 

生まれ育った環境から上京してメジャーデビューまで、その後NYへ歌の武者修行に出てから帰国後の出産、母として、そして助産師としての今について。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210938j:plain

 

幾つかいただいた写真をスライドで皆さんと一緒に見ながら進行させていただきました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124210945j:plain

 

ほぼノープランで進行に至らない点も多々あったと思いますが、シンガーであり母であり、助産師そして1人の女性として。

 

様々な顔を持つようで実はとっても素直でシンプルな生き方を貫く、彼女のありのままの魅力を伝える事ができていたら幸いです。

 

インタビューの内容は次号【FIELD NOTE05】の記事として掲載させていただきますので、その連動性も是非お楽しみください!

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124211031j:plain

 

最後はeppDJ'sのBeeくんとRyotaroくんのプレイで締めくくり、パーティーを無事終えることができました。

 

WEBやSNS、フリーペーパーだけではなく、もっと楽しく生で交流しましょう的なパーティーとして開催しました、FIELD NOTE PARTY。

 

お越しいただいた皆様、楽しんでいただけましたか?

来られなかった皆様はまた次回、是非ご来場お待ちしております。

 

最後は、ゲストで迎えたMahyaさん、編集人清水の別人格The?love参加の楽曲【HUNGER - Canoe feat. Mahya, The?love】でお別れです~

 

 

今回ご協力、またお世話になりました皆様には、心から感謝いたします。

 

本当にどうも有難うございました!!

 

これからもFIELD NOTEをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20170124202650j:plain

 

 

FIELD NOTEのイベントのご案内

ごあんない FIELD NOTE PARTY

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 

本日ご紹介するのは、北海道くしろ地方のローカルメディア【FIELD NOTE フィールドノート】が企画する、ブログやSNS、フリーペーパーだけではなく、もっと楽しく生で交流しましょう的なパーティー。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20170113202440j:plain

 

【FIELD NOTE PARTY 】でございます。

 

 

あらためてフィールドノートってなに?といったお話しや、フリーペーパー制作の裏話しなど、聞かれてもいないのに話してみたり。今回からはじまるフリーペーパーのコンテンツ「このマチにしかないお店の紹介」をパーティー仕様にアレンジしたトークライブに【イッケンヤカレー コミン】さんをゲストに迎えてみたり。

 

f:id:fieldnotekushiro:20170113210910j:plain

 

コミンさんは日々のことなど、生でお話しを伺っちゃいますよ。

また嬉しいことに当日はなんと!!

20食限定でコミンカレーも食べれちゃいます!!

 

f:id:fieldnotekushiro:20170113211228j:plain

 

あぁ、いい香り。。

コミンさんのカレーと、リリーさんのコーヒーを同時にいただけるという、夢のコラボレーションを是非。

 [イッケンヤカレー コミン]-店舗詳細-FIELD NOTE-

 [喫茶 リリー]-店舗詳細-FIELD NOTE-

 

そしてもう一つ!!

 

初の試みでもある公開インタビューには、釧路出身のシンガー【Mahyaマーヤ】さんをお招きし、LIVEでその歌声も披露していただきます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20161006130231j:plain

 
昨年リリースされた仙台のヒップホップアーティスト、HUNGER氏の1st Solo Albumにも参加し、曲名でもある『Canoe カヌー』に乗ったPVは楽曲と一緒に釧路湿原の素晴らしさも感じることができます。

 

 
公開インタビューした内容は次号の【FIELD NOTE05】に掲載されるので、その連動性もお楽しみください!

 

こちらの記事も一緒にどうぞ。

FIELD NOTE PARTYを終えて - FIELD NOTE KUSHIRO

 

 

そしてそして!

 

 

店内を彩るDJには、くしろ地方のDJ集団 eppDj'sに【Yaritake】さんがフィーチャリング。コミンの店主がナイスミドルなDJに早変わり!

 

 

と、

 

盛りだくさんでいて、なまらナマな内容となっております。

 

是非、このトキだけの素敵な時間をどうぞお楽しみください。

 

 

FIELD NOTE PARTY

 

 

2017.1.22 (日)

 

Open 12:00    Close 17:00

 

喫茶リリー(釧路市北大通4-1)

 

入場:¥500

 

 

TALK LIVE

FIELD NOTE × イッケンヤカレーコミン

 

LIVE & 公開インタビュー】

Mahya

 

DJ

epp Dj's Feat.Yaritake(comin)

 

 

☆先着30名様にフィールドノートロゴマークシールプレゼント


【お問合せ】
株式会社ユタカコーポレーション 
フィールドノート事業
釧路市光陽町13-20 
Tel:0154-23-9458
Mail: fieldnotekushiro@gmail.com
Web:http://www.yutaka-c.co.jp/fn

 

2016→2017

ごあいさつ

f:id:fieldnotekushiro:20170104161541j:plain

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2016年は、釧路地方のお店の方々に読者の皆様、たくさんの人たちのお世話になりました。

 

本当に有難うございます。

 

そして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

f:id:fieldnotekushiro:20170104161550j:plain

 
 
・・・
 
 
思い返せば激動の1年だった2016年、この年を私は忘れることはないでしょう…
 
 
1月に、いきなり釧路市内にばらまかれた1号目となるフリーペーパー。
FIELD NOTE01
ここから一気に、時が加速していったようにも思います。 

 


配付の前日に、モノが届いてないと言う...それでも告知しているこの真っ直ぐさ!笑

この気持ちを生涯、持ち続けていきたいと思います。。

ちなみに01は、初回は2000部、続けて1500部を増刷させていただく事ができました。

残念ながら私の手元にも残ってないくらいなので、見かけた際にはゲットしたもの勝ちです。

 

 

2号目の発行の際には、まさかの誤字脱字フェス!

本当にたくさんの読者やお店の方々にご迷惑をおかけしました…

それでも前に、這いつくばってでも前にと、負のエネルギーを昇華するように右往左往しながら配付に回っておりました。。

この不屈の精神と2号目から学んだ教訓も生涯、持ち続けたいと思います。

 02は、初回の2000部のみの発行となっております。

 


第3号目からは、まさかの釧路市の不動産会社 ユタカグループ入りを果たし、インディーズの自主制作からメジャーデビューをしたかのようなクオリティで発行させていただく事ができました!!

本当に感謝しかありません。

また、【このマチにしかないお店の紹介】も鶴居村弟子屈町・阿寒湖畔まで紹介しまくるという、まさかの40ページという大増量版に!!

少々張り切り過ぎた事もあり、ほどほどに…という教訓も生涯持ち続けて。

配付先も増えた03は増刷も行い、合計で5000部の発行となりました。

 


 そして現在配付中のFIELD NOTE04ですが、さっそく掲載店・配付店の皆様から「おかわり」のご連絡をいただき、初回で5000部の発行となっていますが在庫もあと僅かとなっております。

 

03と比べると読みものを増やした次第なのですが、いかがでしたでしょうか…?

 

そして以外とスペシャルな読みものだと勝手に思っているんですが。笑

 

例えばこのお方と夢のような妄想企画や…

 


こちらのお方のお父様にインタビューしたり...

 


個人的にはこのおふたりのインタビューにグッときました…

 


生涯持ち続けるような事があり過ぎて、挙げればキリがありませんが。。

 

 たくさんの出会いと素晴らしい機会に恵まれた2016年でした。

 

 ・・・

 

 そして2017年!!

 

本年も「不思議な魅力の溢れるマチ、くしろ地方」のローカルメディアとして、皆様に楽しんでいただけるよう努めてまいります。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

f:id:fieldnotekushiro:20170104183808j:plain

今年の干支の丹頂マークのフィールドノートです。

フレッシュなお知らせ。

ごあんない

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 
 
今回はフレッシュなお知らせをお届けいたします。
 
 
前回、フリーペーパー【FIELD NOTE04】の配付先をご紹介いたしましたが、北海道以外にも本誌を配付させていただいてるお店があるのです。
 
 
・・・
 
 
 遡ること、1年前。
 
どのマチにもないフリーペーパーをつくろうと、ひとりで暗中模索の時期にみつけた「全国のフリーペーパーを紹介する専門店」【ONLY FREE PAPER】さん。
 

f:id:fieldnotekushiro:20161214191318j:plain

 

そこから多種多様なフリーペーパーやフリーマガジンを送っていただき、様々なスタイルの媒体があることに驚きと、紙媒体の可能性や希望など、グッドな刺激をいただき今に至っております。 

 
そして現在ONLY FREE PAPERさんで、FIELD NOTEも全国で紹介されるようになりました!!
 
本当にうれしい限りです。。
 
 
・・・
 
 
さらにもう1つ、「無印」でお馴染みの【株式会社 良品計画】さん。
 
その無印良品さんが、本のある暮らしを提案する【MUJI BOOKS】。
 
f:id:fieldnotekushiro:20161214185427j:plain
もはや本屋さんといったコンセプトの店内。
 
 
その「MUJI BOOKS」が、今年9月に全面リニューアルした岡山県岡山市にある【無印良品 岡山ロッツ店】さんの中で展開されることになりました。
 

また、岡山ロッツ店発の新企画として全国のフリーペーパーを導入することになり、そのディレクションをONLY FREE PAPERさんが担当することに!
 

f:id:fieldnotekushiro:20161214191251j:plain

 
 
そしてなんとなんと!
 
 
FIELD NOTEもその中でご紹介させていただくという有難い展開になりました!!
 
 

f:id:fieldnotekushiro:20161214191246j:plain

 

f:id:fieldnotekushiro:20161214191243j:plain

 
「地域の方々とコミットし、コミュニティを生成していく場所を目指す「岡山ロッツ店」のコンセプトとフリーペーパーの親和性がすごいということで、このような前代未聞のコラボレーションが生まれました。」
と語るのは、ONLY FREE PAPERさん。
 
全国のフレッシュな媒体をセレクトして、地域の魅力をメジャーシーンに押し上げていく姿勢は、もはやヒップホップ!
 
フリーペーパー界のDJ的な役割を担っているといってもいいのでは、と思います。
 
 
 
今後も自信を持って、くしろ地方の魅力を伝えていけるように努めて参ります。
 
 
 
ONLY FREE PAPERさんの熱い記事はこちらから
 

無印良品 岡山ロッツ店さんはこちらからどうぞ
 
 

 

フリーペーパー配付先のご案内と、そもそも。

ごあんない

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 

現在発刊中となっております【FIELD NOTE04】ですが、恐れ入りますがお届けまでにお時間をいただいてるお店がまだまだございます。

 

f:id:fieldnotekushiro:20161205191827j:plain

 

 

お届けしたお店をいち早くご紹介したいところですが、今回は【FIELD NOTE04】の配付先一覧をご紹介させていただきます。

 

 

一覧、どーん!

f:id:fieldnotekushiro:20161205191535j:plain

 

 

配付先の皆さま、いつも有難うございます。そして小さくて読みづらいかもしれませんがお許しください。。

 

現在、釧路市内は7割くらい配付している状況ですが、市外に関してはまだなところが多いです。

 

こちらの一覧を参考にお近くのお店に、ふらっと立ち寄っていただけると幸いです。

 

 

・・・

 

 

それからこの機会に、改めて FIELD NOTEがうまれた経緯をお伝えしたいなと思います。
 
私自身がまだスマホSNSも無い学生の頃、ふらっとよく行く服屋さんがありました。
 
そこに行けばおしゃれなモノは勿論、カッコいいお店の人が面白そうなイベントやパーティーを紹介してくれたり、共通の趣味を持った人たちが集まって、勝手につながって情報を共有したり、そういったお店を中心としたちょっとしたコミュニティがうまれていたんです。
 
そこに行けば様々な情報が手に入る、だからあのお店に行く。といったように…
 
今思えばその場所ではモノを買うだけではなく、出会いや時間、ワクワクを買っていたんだと思うんです。
 
それがゼロ年代後半くらいからスマホSNSの普及によって、必要な情報は個人で手に入るようになった。
 
お店に行く前にスマホでアイテムをチェックして、そのままネットで頼めば家に届く時代になった。
 
そうなると、ふらっとお店に行く必要性がなくなり、お店を中心としてうまれていたカルチャー、ちょっとしたコミュニティも希薄になり、出会いや時間、ワクワクを買うことも少なってきたのではないだろうか?
 
ざっくりとした印象ですが、ここ数年でそう感じてきました。 それって、決して豊かなことではないのではないかな?と思うんです。
 
 
・・
 
 
便利なものはやっぱり便利ですが、不便なものの中にあるスペシャルなもの。
 
簡単にものを所有するよりも、見つけたり、共有することの方がとても価値があって、どこにもないものなのかもしれないなと思ったりもします。
 
是非、気になっていたあのお店や、ふらっと立ち寄れるアナタのお気に入りのお店で、お店の人とたわい無い会話を楽しんだり、ワクワクを買うついでにFIELD NOTEをゲットしていただけたら幸いです。
 
すべて配付するまでもうしばらくお時間をいただきますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 

編集人 清水たつや
 
 
このマチにしかないお店の情報はこちらからどうぞ!!

 

フリーペーパー第4号発刊のご案内

ごあんない

いつもフィールドノートのブログをご覧いただき有難うございます。

 

前号の【FIELD NOTE03】が発刊となり、あっという間に3か月が経ちました。

 

たくさんの方から様々な反響をいただき、本当に有難い限りです。

 

そして本日、4号目となる【FIELD NOTE04】が発刊となりました。

 

f:id:fieldnotekushiro:20161130160602j:plain

明日12月1日より、掲載店・配付店を中心にお届けに参りますが、お時間をいただくお店や施設もございます。

 

恐れ入りますがご理解いただけますようお願いいたします。

 

まだまだ至らない点ばかりですが、このマチにしかないお店や企業の皆様のご協力、そして読者の皆様があってこその本誌【FIELD NOTE】です。

 

今後も魅力あるくしろ地方のローカルメディアとして、継続して発行していけるよう努力して参ります。

 

それと、地域のお店をご利用の際には是非、『フィールドノートみてきたよ!』など、お店の方にお声をかけていただけると幸いです。

 

地域内の循環がワクワクするような、そんなご提案が出来ればいいなと思います。

 

f:id:fieldnotekushiro:20161130165134j:plain

 

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

フィールドノートのホームページはこちらからどうぞ↓

くしろ地方のローカルメディア-FIELD NOTE-

 

 

株式会社ユタカコーポレーション
ユタカデザイン室 フィールドノート事業
編集人 清水 たつや